コントラバス奏者 ひらてぃ~のブログ

コントラバス奏者・ピアニスト・指揮者として活動している平田昭浩のBlog

緊急事態宣言出ました

出てしまいました、緊急事態宣言。

これで3回目ですが、今回は前回よりもいろいろと生活の制約が大きく出ます。

 

音楽の仕事、間違いなく影響が出ます。

近日中に予定している演奏会、中止の予感がありますが、まだ正式な連絡はありません。

指揮者業務もどうなるのか?

レッスンの仕事をどうするのか?

 

非常勤講師として勤務している学校は、どんなことになるのか?

ひょっとしたら、オンライン授業をしないといけないのか?

昨年はClassroomでの配信を経験しましたが、

ひょっとしたらZoomを使用しないといけないのか?

手拍子やボディ・パーカッションの授業メニューを予定しているクラスがありますが、

それを遂行してもいいのかどうか?

 

つまりねえ、全部コロナが悪いんですよ。

もう、ほんとに、辛いなあ。

滝廉太郎を学ぶ

中学校3年生くらいで学習する歌曲に、

滝廉太郎の「花」があります。

昨年の私、この時期は休校期間だったので、この学習を割愛。

だってねえ、コロナ禍の状況ですから、歌えませんもん。

 

ところが、今年は実施してみました。

「え、まさか、歌ったのでは?」いやいや、そんな無茶はしませんよ。

 

今回、この学習を、歴史の観点と、国語の観点から展開してみました。

実施内容は以下のとおりです。

・まず、曲を鑑賞。幸い、DVDを持っていましたので、それを視聴。

・そして、ワークシートを配布して、作者のことや、曲のこと、その歴史的背景などを学習。

・歌詞についても学習するため、意味を解説。その際、もう一度、DVDを再生して、歌詞を聞きながら確認。そのため、一時停止が多発。

・ワークシートを完成して、歌詞を書き写す作業をする。

(本当は、滝廉太郎が書いたピアノ曲も演奏の予定でしたが、時間が足りなかったので割愛しました。)

 

さて、実技が出来ないのですから、正直つまらないと思った生徒も多かったかもしれませんけれども、

こんな学習も案外大切。

これで、社会とのつながり、あるいは国語的な思考も養えると思ったからです。

そして、お薦めの本を紹介。

これ、絶対にわかりやすいです。

谷津矢車著『廉太郎ノオト』(中央公論新社版)です。

www.chuko.co.jp

 

この本、昨年度の読書コンクール高等学校部門の課題図書でした。

紹介した対象の生徒さんは中学3年生ですが、絶対に読みやすいはず。

私は地元の図書館で借りて読んでみましたが、とても読みやすくて、面白かったです。

本も紹介できたことは良かったかなあ?

 

こんなメニュー、多分コロナ禍の状況でなければ思いつかなかったことでしょう。

コロナが収束しても、実技の前にこういった学習をすると、歌唱にもいい影響があることは間違いないはず。

次年度も中学3年生を担当することがもしもあるのなら、

このメニューは是非とも実施したいですね。

今日の授業内容の反省点を整理して、次に備えるつもりです。

コロナ禍の状況で実施する校歌の学習方法

昨年は見送りました音楽教育のメニューが、校歌の学習。

生徒たちには「もらった録音を聞いておいてください」という、全く無責任なことしかしませんでした。

これは、今になって深く反省した次第。

 

さあ、今年度はどうするのか?

今年入学してきた中学1年生や高校1年生にとって、校歌の学習はとっても大切。

なのに、音楽の授業では歌えない。

さあ、どうする?

 

私が今年度実施したメニューは以下のとおり。

・まず、全員で録音を聞く。

・歌詞の内容を解説。

・覚えるために、歌詞を2度書く(やや拷問な内容!)

・最後に、小声で音読する。

 

こんなものでした。

全くもって、音楽的な要素が低い授業内容でしたが、

言葉の覚え方は「読む、書く、聞く、話す」ですから、

一応、その要素は全て盛り込んだということです。

ベストな内容ではありませんが、現状は止むを得ないでしょうね。

ゴミの日

私が住んでいる地区、一般ゴミの日は月曜日と木曜日。

朝はやくにゴミを出すことになります。

 

正直、ゴミの日はカラスとの闘い。

ゴミ収集場所はきちんと黄色のネットをかけて、

しかもネットの隅をブロック塀などで抑えて、

カラスの侵入を阻止するための方策を講じてはいるのですけれども、

カラスも学習をするのか、ちょっとした隙間から侵入して、ゴミを開けて散らかしてくれます。

 

私は、ゴミを出すとき、細心の注意を払って出します。

だってねえ、ご近所さんにご迷惑をかけたくはありませんからねえ。

今のところ、私の地区のごみ収集場所では、カラスによる被害は少ないかなあ?

コントラバスとトライアングル

コントラバスとトライアングル

この2つの楽器に共通点など何もありません。

ですが、この2つの楽器によるデュオが存在します。

ほぼ1か月ぶりに、その曲で動画配信いたしました。

youtu.be

 

フィンランドコントラバス奏者で作曲家のテッポ・ハウタ=アホという人が書いた

Mikkos Menuet(日本語訳は絶対によくないので、このままで表記)という曲。

なんともユーモラスでのんびりした曲。

そして、大阪人の私にしたら、なんて親近感のあるお名前の方なんでしょう!

 

でも、トライアングルを叩くのは楽しいですけれども、難しいですね。

叩いていると楽器本体がクルクルと回ってしまうのですよ。

これ、どうしたらいいのかなあと。

ほんと、専門の打楽器奏者の方は素晴らしいなあと。

トライアングルが大活躍する、リストのピアノ協奏曲第1番なんて、私には絶対に叩けないなあ!

 

ちなみに、テッポ・ハウタ=アホの作品で、この編成によるデュオはもう1曲あります。

Eva's Valse Poem(これこそ、日本語訳なんて出来ない!)という曲。

これの方がトライアングルは大活躍なのですけれども、

テンポの変化があまりにも多く、ちょっとリモート演奏で動画収録と編集はかなり難しいので、

機会がありましたら、実演でやりますね。

部屋を使いやすくする

現在、非常勤講師として勤務している学校は2校。

片方は音楽教員が複数名ですが、

もう片方は音楽教員は私だけの小規模校。

いろいろと準備が大変です。

 

さて、いろいろと教材研究をするために、音楽準備室というものを上手く活用しないといけません。

ここには、これまでに使用した教科書や副教材、CDやDVDなどが保管されています。

そして、それらを上手く活用するために、私は準備室にある机を有効に使うことにしています。

そこで、私しか音楽教員がいない学校の音楽準備室を、現在改造中です。

いやいや、別にリフォームをするのではなく、

自分の勉強が出来るように、あるいは資料研究が行えるように、有効利用のための模様替えです。

 

実は、昨日まででほぼ完成しました。

マイナーチェンジですけれども、少しずつ使い勝手が良くなってきました。

やはり、職場の環境は良いに越したことはありません。

ただ、どうにもならないものが。

それは、その学校の音楽準備室には水回りがないこと。

ちょっとお茶でも沸かそうとか、それが出来ない不便さ。

まさか、水道工事とか自分には出来ませんしねえ。

そこは我慢かなあ?

ニーノ・ロータは映画音楽以外にもちゃんと作曲しています

イタリアの映画音楽の巨匠であるニーノ・ロータが、

クラシック音楽も作曲していたということは、

案外知られていないことかもしれません。

いやいや、クラシック音楽の作品も知っているよ、みたいな声も聞こえてきそうですけれども。

 

私も、どちらかといえば映画音楽の人と思っていました。

でも、コントラバス独奏とオーケストラのための協奏的喜遊曲(Divertimento concertante)という曲を勉強するようになってから、

彼が書いたクラシック音楽の作品について、いろいろと調べるようになりました。

 

そして、現在の私、彼が書いた「弦楽のための協奏曲」が興味津々で、演奏できたいいのになあと思うこの頃。

これ、なかなかカッコよく、聞いていても楽しくてしょうがないのです。

それと、九重奏曲も弾きたいと思うこの頃。

最近、九重奏でいい演奏の動画を見つけましたので、貼り付けておきます。

youtu.be

 

20世紀のど真ん中のクラシック音楽ですが、

ニーノ・ロータの作風は非常に聞きやすいですし、ユニークで楽しいですね。

ということで、彼のクラシック音楽の作品、どんどんと演奏されてほしいと願う私でした。

流行感冒

今からほぼ100年前、スペイン風邪が世界的な流行となりました。

それを題材とした小説があります。

志賀直哉が書いた『流行感冒』、1919年の作品です。

そして、この作品のドラマが先日放送されましたので、鑑賞しました。

www.nhk.jp

 

そうそう、現在のコロナ禍の状況に通じるところがいくつもありました。

そして、こういったウイルス感染は、人間性そのものを内面から崩壊しかねない一面を持つことが再認識。

 

このドラマ、今のご時世に強く訴えるものが秘めていたように思います。

これは、広く知られてほしいので、再放送を願いますし、

原作の小説も読まないといけないなあと痛感。

短編小説ですし、一気に読んでしまおうと思います。

カフェタイムの過ごし方

ちょっとした用事で、近所にある市立図書館に出向いた私、

気になっていた本を1冊借りました。

さあ、帰宅して読もうと思ったのですけれども、

天気もいいことだし、図書館に近い喫茶店でコーヒーを飲みながら、読書でもしようと思い、喫茶店を探すことに。

そしたら、野外に席があるオープンカフェがあるじゃないですか!

迷わず、そこに行くことに。

 

なんて気持ちがいいのだろうか。

コーヒー片手に、お気に入りの本を読み、そして、外の空気をそのまま浴びて、

非常にいい時間を過ごすこととなったのでした。

しかも、コロナ感染の対策は万全でしたし、ストレスなし!

なかなかの長時間滞在となってしまいました。

 

なんとなく文化的な時間だったなあと。

たまには、こんな時間を持つこともいいなあと思ったものです。

交響曲を3人で弾く

昨年、生誕250周年だったベートーヴェン

メモリアルイヤーがあろうがなかろうが、世界的に超有名な作曲家で、

演奏されないなどという事態には至らないのが凄いところ。

 

ところで、ベートーヴェン交響曲、人気が高い作品は?

第3番「英雄」、第5番「運命」、第6番「田園」、第7番、そして第9番「合唱」(俗に云う第九)といったところ。

でも、私は10年以上も前からお気に入りの作品が。

それが第2番 ニ長調 Op.36

 

この曲が好きすぎて、昔むかしに強引な形で演奏したことがあります。

それは、作曲者自身の編曲版(本当に作曲者自身の編曲なのか疑問があるとの話もあるのですが)を使ってピアノ三重奏版で演奏したことが。

チェロのパートをコントラバスで弾くというものでした。

この時の演奏、賛否両論でしたが、今になって思うのは、

「やっぱり、コントラバスで弾くのは無茶だったかなあ?」

 

数年後、このピアノ三重奏版を第1楽章だけでしたが、再び演奏することがありました。

その時、私はピアノパートを弾きました。

演奏内容はともかく、その時の私、嬉しくてうれしくて。

勿論、ピアノは弾くのが難しいのですけれども、

それでも無茶だなあとか、不自然だなあとか、そんな違和感はなし。

 

録音が発明される以前は、なかなか家庭で音楽を楽しむことは、生演奏以外はなかったのでして、

今ほど演奏会の数もなかったでしょうし、

音楽を楽しむことそのものが大変貴重で贅沢なことだったはず。

だから、シンフォニーをそんなに頻繁にするにはいろんな意味で大変だったから、

ピアノ三重奏版が出来たのでしょうねえ。

つまり、ニーズがあったのですよ。

 

では、現在の楽器でピアノ三重奏版の交響曲第2番を演奏したら、どんな響きになるのか?

以下の動画をご覧ください。

youtu.be

 

実は、急にまた、この曲のピアノ三重奏版が弾きたくなっています。

私、コントラバス奏者ですけれども、この曲はやっぱりピアノで弾きたいですね。

100歳のピアニスト

まずは、このニュースから。

www3.nhk.or.jp

 

ただただ凄いの一言!

なかなか出来ることではありませんよ。

だって、長寿であることだけでなく、健康であって、しかもプロフェッショナルとしての心構えを持つなんて!

 

さあ、自分自身に置き換えてみました。

現在、50歳。100歳まではあと50年。

まず、あと50年生存しているのだろうか?

そこまで音楽家として健康に活動できるだろうか?

あるいは「お前、もうそろそろ引退しろよ」と引導を渡されてしまうのか?

 

勿論、未来のことなど、わかるはずはないのですが、

このニュース、なんだか元気と勇気をもらった心境です。

原曲を探せ!

ドイツ・バロック時代の作曲家といえば、どうしても偉大なるバッハ先生が思い浮かぶのでしょうが、

忘れてはならないのが、ゲオルグ・フィリップ・テレマン

最近、私の中では興味深い人物。

 

といいますのも、指揮者を務めています、とあるギターアンサンブル、

テレマンのアリア」という曲を練習しているからです。

 

大変恥ずかしいことですが、この「テレマンのアリア」と言われて楽譜を頂くまで、

この曲のことを全く知らなかった私。

さあ、いろいろと勉強をするのですけれども、

すぐに立ちはだかる疑問が。

「これ、ホンマはどんな曲なの?」

 

それもそのはず、オーケストラの曲が原曲ではなく、

テレマンが書いた宗教曲がオリジナルなのです。

ドイツ語で表記すると、

Meine Seele erhebet den Herrn(私の魂は主を崇め)

その中の6曲目 Der Hungrigen fullet er 、美しいテノールのアリアが原曲。

 

確かに美しい。素朴な悲哀を感じさせます。

こんな曲想なので、私はギターアンサンブルとして演奏する解釈として、

いわゆる「テレマンのアリア」としたイメージではなく、

原曲の印象を大切にして、そこから解釈を広げることとしています。

先日の練習でも思ったのですが、音の響きがとっても美しく、ギターの繊細な発音に上手く適合しそうな予感。

 

私もまだまだ知らないことがたくさん。

でも、勉強することにより、知識が増えて楽しみ倍増です。

これで、音楽が楽しくなるのです。

楽譜の届き方

当たり前ですが、クラシック音楽を演奏するには楽譜が必要です。

楽譜がしっかりとしたものでないと、練習は混乱してしまい、無駄な苦労を強いられます。

また、製本したものが郵送されることよりも、コピーの状態で、楽譜到着後に自分で製本することもしばしば。

楽譜が自宅に郵送されないで、いきなり本番の会場で渡されたこともしばしば。

初見で弾くのかあ、鍛えられるなあ。

 

ところで、近年はIT化が進んでいることもあり、LineやMailで楽譜が送信されてくるケースもちらほら。

この場合は、自分でプリントアウトするという手間がかかりますけれども、

事業者側は確実に郵送料金の節約ということで、メリットはありますね。

私なんか、PCに直接届いたらまだしも、スマホなんかにデータが送られてきたら、どうやって印刷したらいいのってなって、最初は結構大変でした(今でも大変ですけども)。

 

ここで気を付けたいのが、著作権が残っている楽譜について。

作曲家によっては、きちんと楽譜を購入、あるいはレンタル譜を使用して、コピーが禁じられているものがあります。

おおよそ、作曲家の没後70年を超えないと、著作権は発生しますし、

曲によっては出版社そのものが版権を所有していることもあり、その場合もコピーで演奏することは禁じられているはずです。

 

以前、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲 ハ長調 WoO5 というものを演奏した際、

曲が未完成で、後に別の音楽学者が補筆した版を用いて演奏だったのです。

その楽譜、販売されていなくて、全てレンタル譜。

コピーの所有も許されず、演奏したら楽譜は即返却。

厳しいと思われますが、大切な権利、その権利を侵してはならないのですね。

 

楽譜の取り扱い、気を付けましょう。

場合によったら犯罪となり、人生を棒に振る恐れがあります?

練習会場の感染予防対策

本日、とあるギターアンサンブルの練習日、指揮者業務でした。

 

練習はコロナ禍の状況ながら、なかなか効率よく進みまして、手応え良く終えることが出来ました。

やっぱり、コロナ禍の状況でも、みなさん音楽をなんとかしたくて楽しみたくてしょうがない気持ちがあるのでしょうねえ、音楽内容もすぐに良くなります。

 

ところで、練習会場の感染予防対策は極めて万全でした。

会場に着くと、名前と連絡先を記入、

手洗いをして、うがいをして、消毒をして、体温を計測。

そして、練習会場では、メンバーの座席をある程度の距離を取って配置。

30分に1回は5分程度の換気を実施、

勿論、会場の部屋のドアは開けっ放しの状態。

 

とにかく、これでもかというぐらいに徹底的に予防しないといけません。

「これくらいはいいだろう」みたいな気の緩みがよくないのですね。

しっかりと対策を講じて、音楽を楽しまないとね。

教材研究に費やす日々

今年度、私は2校で非常勤講師として音楽教育を担います。

通常なら教科書があり、それに沿っていろいろとメニューを考えるということが必要なのですが、

今年度もコロナ禍の状況ということもあり、実技はほぼ出来ない状態に。

そこで、いろいろとメニューを考えないといけないのですが、

2校あわせて6科目を担当、しかも全部一人で担う授業ということで、

この時期から教材研究の習慣を日頃から付けておかないと、間違いなくネタ切れとなってしまいます。

昨年勤務した学校で中学3年生のために作ったメニューが使えることは使えますが、

それだけでは全く不足ですからね。

 

私自身に余力があれば、

どんな授業を実践したのか、

個人情報保護の観点から難しい部分もありますが、

可能な限り公表したいと思っています。

だってねえ、私だって、いろいろと情報を検索したり、いろいろと勉強するネタを探したりしますから、

ネタバレをこちらからするぐらい、音楽教育者同志でTake and Giveの関係を作らないとね。

そんな気持ちでいます。

 

おっと、それでも自分自身の楽器の練習は怠ることないようにしないとね。