コントラバス奏者 ひらてぃ~のブログ

コントラバス奏者・ピアニスト・指揮者として活動している平田昭浩のBlog

ブラームスとべリオ

ブラームスクラリネット(またはヴィオラソナタは昔から2曲とも好きです。

ただ、学生時代に原曲を知るよりも先に、編曲版で作品を知ることになった私でした。

 

1990年だったと記憶していますが、

ラジオかテレビか、ブラームスクラリネット(またはヴィオラソナタ第1番を、

イタリアの現代音楽の作曲家であるルチアーノ・べリオ(1925-2003)がピアノパートをオーケストラに編曲された版を聞いた私。

「面白いなあ」と思って、そこから原曲を勉強したという、まるで逆さの学習方法を辿っていたのでした。

 

先日、この曲に関する演奏動画を見つけましたので、

一気に4つも貼り付けます。

つまり、全部で4楽章ということです。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

べリオが編曲したオーケストラの内容に意見はいろいろとあるのでしょうが、

ピアニストとしての視点で見れば

「あ~、このパッセージはこういう音色がいいのかなあ」といった発見があったりして、案外楽しいものですし、

指揮者としての視点で見れば、オーケストラの部分をピアノで弾いてみてのスコアリーディングが容易に出来たりと、

興味深い勉強が楽しくなってきます。

 

なかなか、特殊な編曲版ですし、

編曲版の作品には著作権がまだ存在しますので、

いろいろと実演に至るまでのハードルはあるのですけれども、

どこかで演奏する機会はないのかなあ?

いやいや、演奏できなくても、生で聞いてみたいなあ。

さあ、クラリネット吹きの方、ヴィオラ弾きの方、

トライしてみては?

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~ヤニス・クセナキス~

恐らく、このシリーズの今回が最終回(のはず?)である今回、

生誕100周年のヤニス・クセナキス(1922-2001)を取り上げます。

いつもながら、作曲家のデータはWikipediaの記事にて紹介。

ja.wikipedia.org

 

私、彼の作品を弾いたことはありません。

ただ、聞いたことはあるのですが、

その頃の私の感想は「?」のマークが頭の上に浮かぶというもの。

 

ただねえ、自分自身で調べてみたのですよ。

コントラバスが演奏できる曲はないのかってね。

まず、チェロとコントラバスのための「ロスコベック」という曲。

こんな感じの曲。

youtu.be

 

???

 

やっぱり、こんな文字が頭の上に浮かびそうです。

 

いやいや、無伴奏コントラバスの作品がありますよ。

「セラプス」という曲。

こんな曲。

youtu.be

 

???

 

やっぱり、こうなってしまいました。

 

いずれの曲も弾いてみたいとは思うのですけれども、

お客様の反応があまりにも怖くて、取り上げる勇気はなかなか湧いてこないものです。

 

ということで、小心者の私は、彼の作品に関わることはなさそうな予感です。

まあ、演奏の依頼があれば別ですけれども。

子どもたちの創作活動

私が非常勤講師として勤務している学校、

昨年末から現在までの授業で、

全学年共通の課題をこなしています。

その課題とは?

 

作曲をしよう!

 

ただ、いきなり「はい、どうぞ」というのは些か無責任なので、

お題を作りました。

「沖縄の音階を使って4小節以上の作品を作ろう」

というもの。

 

沖縄の民謡に使われる音階で、

音名で「ド・ミ・ファ・ソ・シ」の5つを使用して、適当にパズルのように組み合わせるだけでも、立派な曲が出来ますから、

作曲をするハードルはやや低めの課題。

さあ、どんな作品が出来るのか?

 

現在のところ、作品発表会は5クラス実施しました。

なかなかの力作が揃って、発表会の雰囲気は楽しかったですよ。

そして、抵抗がある生徒もいましたけれども、

「○○さんの作品です」と必ず私がアナウンスをして、

「自作自演したい」という人を除いて、私がピアノで弾いてあげています。

伴奏は私の即興。

 

おっと、発表はまだ6クラスも残っていた。

私にとって、まだまだ楽しみが続くのでありました。

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~アレクサンドル・スクリャービン~

今年に入ってから、しつこく続けています「2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち」

生誕150周年の作曲家をもう一人取り上げたいのです。

その名は、アレクサンドル・スクリャービン(1872-1915)

彼のデータは手抜きですがWikipediaの記事で紹介。

ja.wikipedia.org

 

私自身、彼の作品を公式に演奏した履歴はありません。

ですが、たった一つの作品だけ、自宅でよく弾きます。

その曲とは、ピアノ曲「左手のための2つの小品」

 

20年近く前から、左手だけで演奏されるピアノ曲にとても関心がありまして、

私自身、よく自宅で遊び感覚でそれらの作品を弾きますが、

スクリャービンの作品は、特に「前奏曲」の方を弾くことが多いです。

夜想曲」も素敵ですね。

参考までに、どんな曲なのかということで、演奏動画を貼り付けておきます。

youtu.be

 

今年は、この作品が演奏されることが多いのかなあと思っています。

私も、今日はちょっとこの曲を自宅で弾いてみようかなあ。

忘れたらアカンよ!

忘れたらアカンよ!

何がって?

決まっています、1月17日は阪神・淡路大震災が起こったの日です。

もう27年が経過しました。

 

地震国の日本ですから、

地震をなめてはいけません。

 

今日は当時の記憶を思い返してみようと思っています。

そして、こういう時に聞く音楽は、フォーレのレクイエムかなあ。

オーケストラの名前が決まりました

昨日、京都府京田辺市にてニューイヤーコンサートがありまして、

感染予防対策を万全に立てての公演、

無事に終了いたしました。

 

昨年から、京田辺市に出来た小さなプロオーケストラに設立当初から参加しています。

昨年のニューイヤーコンサートでも弾いたヨハン・シュトラウス2世の「こうもり」序曲を弾いていると、

やっぱり弾いている自分自身のテンションが上がっていくのがわかります。

個人的にも思い出が詰まった曲ですから、余計に胸が熱くなっていくように感じてしまいます。

本当に楽しくて興奮していく素晴らしい曲です。

 

この曲も含めてですが、ワルツやポルカの頭打ちを、小さなオーケストラなので、

実は全部私一人が担っているのです。

勿論、チェロが頭打ちを担ってくれることもありますが、

チェロとコントラバスが独立して動くことがほとんどですからねえ。

なので地味に責任重大!

アンテナをいっぱいに張り巡らしての演奏、神経がすり減ります。

でも、裏返しに、全部自分で決めれる自由さもあって、

気分的には室内楽をしているように楽しんでいるのも事実。

まあ、ここ数年の私のオーケストラでの活動は全部「コントラバスは俺だけ」状態なので、

私もちょっとはキャリアを積んできたのかなあ?

 

ところで、こちらのオーケストラ、

設立当初は「京田辺市音楽コンクール祝祭管弦楽団」という名称でした。

コンクール受賞者演奏会でコンチェルトを演奏のために付けられた名称でしたが、

ここで活動の場を広げるということで、

なんとオーケストラの名称を一般公募で決めるという方法を採用。

そして、昨日の公演で名称が発表されました。

その名は?

 

一休フィルハーモニー

 

です。

 

一休さん」の里としても知られる京田辺市ということで、

完全に地域密着型のローカリズムに徹したオーケストラ活動を目指すのでしょうねえ。

(というのも、私もそんなに詳しくは事情を聴いていないのです)

 

蛇足ながら、略称はどうなるのでしょうかねえ?

「一休フィル」とか

「一フィル(いちふぃる)」とか?

なんだか、面白いことになりそうです。

今日は移動距離が長い1日

今日は移動距離が長い1日。

午前中は非常勤講師として勤務している学校まで移動。

自宅からは片道2時間で往復4時間。

今日は時間割変更で1コマだけ授業をして、さっさと帰宅。

 

帰宅してからこのBlogを書いていますが、

Blog更新の後、明日の公演のための練習が入っていまして、

次は車で京都府京田辺市へ移動。

明日の公演は以下の内容。

www.kyotanabe-musicians.org

 

ところで、こちらのオーケストラ、

昨年に発足しましたが、

今回の公演を契機に、オーケストラの名前を一般公募していたのでした。

その名前が、明日発表されるのだとか。

どんな名前になるのでしょうか?

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ~

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たちはいろいろといますが、

その中から生誕200周年の作曲家を以前3人取り上げました。

今日は生誕150周年の作曲家。

この人はどうしても取り上げたいのです。

その人物とは、イギリスの作曲家、レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ(1872-1958)です。

ja.wikipedia.org

 

実は、昨年3月に彼のことをBlogに書いています。

hiratea.hatenablog.com

 

そうなんです、彼のピアノ五重奏曲が好きすぎてたまらないのでした。

ヴォーン=ウィリアムズがイギリスでは広く愛されている作曲家で、

彼の作風も好まれやすいものですから、

私としても彼の作品は弾きたいと思うもの。

そして、数年前から、彼のピアノ五重奏曲の虜となってしまったのでした。

以前のBlogにも書いていますから、

今日は別の演奏動画を貼り付けて、曲紹介。

youtu.be

 

え~い、こうなったら、自分でピアノ五重奏団でも立ち上げるかなあ?

今年中に実現を目指しますけれども、

現在の私、少々忙しくて、正直マネージメントをしていただける方が必要。

どうなるかなあ?

振り初め

本日、とあるギターアンサンブルの練習日、指揮者業務でした。

ということは、今年初の指揮ということで、

名付けて「振り初め」ということ?

 

そんな呑気なことを言っている場合ではなく、

今年4月に公演を予定していますから、

冗談抜きで練習をして仕上げていかないといけません。

 

とはいえ、この時期の仕上がりとしては、これまでのことを思えば極めて良好です。

練習スケジュールは余裕でこなせて、

私のヴォルテージも絶好調のその時、

予期せぬことが起こりました。

 

練習会場の事務所から係の方から一言

「あの~、声が事務所まで聞こえてきますので、もう少し声を抑えてもらえませんか?」

あ~、そうなのです、コロナ禍ですから換気のために部屋のドアを開けっぱなしだったのでした。

いくらマスクをしていても、大声を出すことは避けなければならないこと。

私の練習を進めていくキャラクターを変えなければなりません。

 

長年、このキャラクターで指揮者業務をこなしてきた私にとって、

このことはなかなか克服するのは困難なことですが、

今はコロナ禍の状況、さすがに変更が求められそうです。

次回の練習からは、少々おとなしく指揮者業務をこなさないといけないようです。

深く反省です。

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~フランツ・シュトラウス~

このシリーズ、3回目の投稿。

ずっと生誕200周年の作曲家で私にとってのなんらかの縁がある作曲家を取り上げました。

そろそろ、生誕150周年の作曲家に行こうかなあと思っていましたが、

思わぬことから、もう一人生誕200周年の作曲家を取り上げます。

その人物、フランツ・シュトラウス(1822-1905)です。

ja.wikipedia.org

 

弦楽器奏者である私にとって、彼の存在は恥ずかしながら、つい先日まで知らなかったのでした。

作曲家としての功績はホルンのための作品に大きくあるように思われます。

そうそう、ホルン奏者だったから、特にホルン界では外せないポジションの人物なのでしょう。

おっと、かの有名なリヒャルト・シュトラウスのお父様です。

 

彼のことを何も知らなかった私、

実は、まだ未確定なことなのですが、彼の作品を演奏するかもしれないことから、

(ただし、ピアノを担当)

只今、いろいろと勉強中。

演奏するかもしれない作品とは「主題と変奏 Op.13」のこと。

ちなみに、こんな曲。

youtu.be

 

私の手元にまだ楽譜がないので、ピアノはまだ弾いていませんが、

この作品を弾けるかもしれないことを、今からワクワクしているところです。

七草粥

今日、1月7日の朝は七草粥を食べる日。

今日の朝に春の七草が入ったおかゆを食べれば、1年間無病息災でいられるという。

 

この習慣、私は恥ずかしながら昨年から実施。

昨年は大きな病気もケガもなく、健康的に過ごせましたねえ。

 

食べていなかった過去を振り返ると、

時々、いろんなことがありましたね。

ここ数年では食中毒、帯状疱疹、腱鞘炎、などなど。

今になって振り返れば「あの時は大変だったなあ」とか思うものです。

というのも、上記の病気により、音楽の仕事をキャンセルしたり、あるいは我慢して痛々しく本番を迎えたりしたものばかりだったのです。

 

ただねえ、食べたから絶対に無病息災で過ごせるというのは、大きな間違いです。

あくまでも、節目の行事を迎えて、その意味を知ることが大切なんだということですね。

何事にも体が資本です。

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~ヨアヒム・ラフ~

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たちを追いかけるシリーズの2回目、

今回はヨアヒム・ラフ(1822-1882)

さあ、誰のことだということですが、

一応、彼のデータをWikipediaで貼り付けておきます。

ja.wikipedia.org

 

彼のことは、ほぼ「カヴァティーナ」の作品名でしか認知されていないのが現状ですね。

正確には、ヴァイオリンとピアノのための6つの小品 Op.85 の3曲目がカヴァティーナ。

私もピアニストとして、一体何回弾いたことでしょうか。

不思議とコントラバスでは弾いたことがありません。

 

ところで、実は私は過去にラフの他の作品をピアニストとして2曲弾いています。

チェロ協奏曲第1番の第1楽章とチェロ・ソナタの第1楽章、この2曲。

どちらの曲も楽譜を頂くまでは全然知らなかった曲。

しかも、録音がなかなか見つからなくて、曲のイメージを掴むのに楽譜とにらめっこする時間が長かったのでした。

それに、特にチェロ・ソナタはピアノの技巧も相当難しくて、苦労した記憶があります。

 

そんなにも知名度の低い、そして楽譜の入手も困難な曲を、よく弾いたものだと我ながらにして思うのですが、

今年のような節目だと、案外「カヴァティーナだけじゃないんだぞ」みたいに、他の作品も取り上げられてもいいように思うのですが。

 

ちなみに、チェロ協奏曲第1番は、演奏動画が見つかりました。

youtu.be

 

なお、チェロ・ソナタの演奏動画は見つかっていますが、恐らく著作権の問題があると思われましたので、貼り付けは遠慮しました。

仕事初め

世間では、今日が仕事初めという方が多いと思われますが、

私も今日から仕事でした。

今日はレッスン業務。

 

この年末年始、完全に怠けた生活だったので、

レッスン開始の時間にちゃんと間に合うのか、

寝坊しないで済むのか、

少々心配でしたが、

結果はシャキッと朝を迎えて、

何の問題もなく仕事をすることとなりました。

 

今週は音楽家業務に集中。

学校勤務は来週からです。

2022年がメモリアルイヤーの作曲家たち~セザール・フランク~

今年がメモリアルイヤーの作曲家は結構います。

まあ、圧倒的に有名な人物はいないかもしれませんが、

私としては、ちょっと関心を深めてみたい人が多数います。

 

ということで、そんな作曲家たちを追いかけてみようと思い、

シリーズにしていろいろと書いてみるつもりです。

1回目の本日は、セザール・フランク(1822-1890)です。

生誕200周年にあたります。

ja.wikipedia.org

 

私自身がオーケストラで彼の作品を弾いたのは、

交響曲 ニ短調」と「ピアノと管弦楽のための交響的変奏曲」の2曲だけ。

ところが、コントラバスソリストとして、1度だけですが

「ヴァイオリンソナタ イ長調」を弾いたことがありました。

これねえ、若い頃は弾きたくなるものなんですよ。

なんたって、凄い名曲、ヴァイオリン以外でもヴィオラやチェロ、フルートやら、とにかくいろんな楽器によって演奏されていますから、

この曲の人気は凄まじいものです。

 

ただ、私はこの曲のコントラバス版を演奏しようとは思っていません。

いやいや、ちょっと楽器の限界を超えていますので、

若いコントラバス奏者が弾いていただけるのがいいのかなあと?

 

ところで、実は第1楽章だけですけれども、ピアノパートを弾いたことがありました。

いやあ、とても凄い体験をしたものです。

第1楽章だけなのに、もう凄い作品なんだなあと再認識したものです。

出来もしないのに「第2楽章のピアノパートを弾いてみたいなあ」とか、

「どうせなら循環形式なんだから、全楽章をピアノパートで弾いてみたいなあ」みたいな、かなり厚かましく非現実的なことを妄想していた時期がありましたね。

 

実は、元日に弾き初めということで、フランクのソナタを弾いていました。

コントラバスでは第1楽章と第3楽章を、

ピアノでは第2楽章を除く楽章を弾いていました。

「なんだか、しびれるなあ」みたいな感傷的な気分になりましたねえ。

たまに自宅で弾いてみるのもいいものです。

まあ、コントラバスでは絶対に弾かないつもりですし、ピアノを弾くこともないだろうなあ。

新年早々、勉強中

昨日、ウィーンフィルニューイヤーコンサートを見た私。

どうしても見ておかないといけない理由がありました。

その理由、今月15日に以下の公演に出演するからです。

www.kyotanabe-musicians.org

 

昨年も出演させていただきました、こちらのオーケストラでのニューイヤーコンサート

今年も出演です。

そこで、どうしても勉強し直したかった曲がありました。

ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇「こうもり」より序曲です。

 

今から20年前の2002年、小澤征爾さんがウィーンフィルニューイヤーコンサートを指揮したことは、

当時相当大きな話題となりました。

私はその時に演奏された「こうもり」序曲が忘れられないのです。

当時の私はテレビの前で相当興奮して聞いていたのです。

以後、この演奏に刺激を受けて、自分自身で演奏したり、あるいはアマチュアの楽団を指導したりした際、

この時の演奏内容が基準となっていたように思います。

 

さあ、あれから20年。

もう、そんなこだわりには固執しない私なので、

今回の演奏内容を指揮者的な視点とコントラバス奏者的な視点で見させていただきました。

これまでに何度も弾いてきている曲なのに、新たな発見や気付きが連発。

楽しい勉強となりました。

 

自分自身では、昨年弾いた「こうもり」とは違う音の運び方が出来そうな予感です。

というのも、こちらのオーケストラは非常に小さな編成なので、

コントラバスは私一人。

自分自身の責任が重大ですが、逆に自分自身の音作りが楽しくもあります。

 

ということで、公演までの準備に大変役立つ勉強を、ウィーンフィルニューイヤーコンサートからさせていただきました。

とても楽しみな心境です。

京田辺市近郊にお住いのみなさま、

是非ともご来場をお願いいたします。

おっと、当日の演奏が見られなくても、

後日に有料で動画配信の予定です。